若い世代も!知っておきたいガン検査のポイント

健康寿命を伸ばして長生きするためのサイト

知っておくべきデメリット

1回だけでは不十分

わざわざ受けに行ったにも関わらず、残念ながらたった1回の検査ではガンを見つけられないことがあります。

ガンの場所や形、大きさによって見つけにくいことがあるため、発見できない場合があるのです。
あまりにも小さいとある程度の大きさになるまで検査で発見できません。

しかし、1回の検診でガンと診断できなかった場合でも受け続けることによって、ガンを発見できる確率は高まります。
ガン検診は1回のみ受けるのではなく、適切な間隔で受け続けることが必要なのです。

また、検診でガンの疑いがあり精密検査を行っても、ガンが発見されないことがあったり、生命を脅かさないガンを検査で発見することがあります。
どのような結果でも検査に行かなければ分からないことなので、それだけでも価値があると思います。

痛いかもしれない…

検査の内容によっては多少の苦痛、痛みをともなうものがあります。
婦人科系の検査だと、子宮内腔に器具を挿入しなければならないこともあるので他の検査より痛いかもしれません。

また検査が原因でなんらかの影響を受ける可能性もあります。
胃の内視鏡検査では出血や穿孔を起こすものがあり、死亡に至ることがあります。
X線検査、CT検査等による放射線被曝によりガンの誘発や遺伝的影響があることも、可能性としてはありえます。

しかし、上記のようなことが起こることは極めて稀なので、知識として知っていれば十分でしょう。
このように様々なデメリットが存在することは事実ですが、ガンになってから苦しい治療をしなければならないことに比べれば、メリットの方が上回るのではないでしょうか。