若い世代も!知っておきたいガン検査のポイント

健康寿命を伸ばして長生きするためのサイト

どうしてガンになるの?

細胞に異変!

そもそもガンはどうしてできるのでしょうか。

人間の体は、多くの細胞からできています。
状態の正しい細胞は周囲の状況に合わせた増減を繰り返し、体内の恒常性を保とうと働きます。

この仕組みは遺伝子に変化が起こることによって調節できなくなると、異常な細胞が増え続けたり脱落しなくなったりしますが、体内で予期せぬ細胞や悪影響を及ぼすとされる要素に対してはそれを排ウじょしようという働きを見せます。

無制限に増える、他の場所に転移するなどの性質を獲得してしまった細胞は何年もかけて数を増やし、体に害を与える悪性腫瘍を形成します。
体の本来の浄化作用が機能しなくなると、それだけで体は危険にさらされてしまいます。
これらがガンの素となるのです。

適した治療法

ガン治療はガンの発生の仕組みや性質を知ることでその仕組みを利用し、より効果的に行っています。その一部を見てみましょう。

○手術
がんを外科的に切除します。

○薬物療法(抗がん剤治療)
・化学療法
ガン細胞がふえる仕組みを妨げる薬を使うことによって、ガンを破壊、縮小させます。

・ホルモン療法(内分泌療法)
ガンの増殖は性ホルモンの影響を受けることがあり、ホルモンの作用を抑えることによって治療を行います。

・分子標的治療
体の外から薬として投与することによって治療します。

・分化誘導療法
未熟ながん細胞を成熟させて性質を変えることで、ガンを治療します。

○放射線治療
遺伝子を傷つけて分裂しないようにしたり、細胞が自ら脱落する現象を増強します。